爪の表面にカビが付着してしまった場合、爪が緑色に見える事でグリーンネイルと言われます。これは緑膿菌と言い、どこにも日常どこにも潜んでいる細菌です。このカビは厄介な事に爪の表面の奥にある細胞にまでカビが侵入している為、一度爪に付着すると除光液などを使っても落ちるようなものではありません。残念ながらグリーンネイルは自然治癒する事はありませんので、皮膚科等で抗真菌薬を使用する事になりますが、放ったらかしにしているとさらに菌が繁殖してしまうため、早期発見、早期治療が大切です。