病院での巻き爪の治療方法として「ワイヤー」「手術」があります。ワイヤー治療は爪先に穴を開けワイヤー通して爪を平たくします、痛みに対して即効性がありますが、爪の根元から平たくなってはいないため爪が伸びて来ると再発率が高いです。爪を伸ばさなくてはならないため引っかかったり、ストッキングなどが破れやすくなります。手術は食い込んでいる爪の端を切り取って爪を細くしてしまう治療です。正直かなり麻酔の注射も痛いですし、見栄えも悪くなると共に踏ん張りがきかなくなります。ワイヤー治療は健康保険が利きませんが、手術は保険が適用されます。予算にと、言う方は手術をお勧めします。