爪はもともと放っておくと自然に湾曲いていくのですが、それを普段歩くことで爪の肉が爪を圧迫して平らにしています。ですので、寝たきりの方や、普段歩くことが少ない方などは平らに戻す矯正が行われづらい為、巻き爪になりやすいのです。巻き爪が痛いため極力爪先を浮かそうと言うような歩き方は逆に巻き爪の進行を早めるだけではなく、腰や足に負担がかかってしまいます。ですので早めの矯正をお勧め致します