糖尿病など合併症等で神経障害をを患っていると、手や足の感覚が鈍くなります。当然足に合わない靴を履いていても、痛みを感じにくいため、長期間足に合わない靴を履くことになります。そうなると、魚の目が出来やすくなり、痛みを感じないため、魚の目自体出来ていることに気づかなく、放置して悪化させてしまうことがあります。悪化させてしまった魚の目に細菌などが入り込むと、糖尿病で細菌の抵抗力が落ちている場合、傷口が化膿してしまう場合があります、糖尿病を患っている方は、靴のサイズ、魚の目などが出来ていないか、注意が必要です。