歩行時の衝撃を和らげるアーチは、土踏まずに当たる「内側アーチ」、その反対の「外側アーチ」、親指の付け根から小指の付け根にかけての「横アーチ」の3か所にあります。いずれも筋肉が支えていて、アーチの形が崩れると骨格が歪み足病の原因になります。