最初から陥入爪になる事は略ありません。殆どが巻き爪になり、鋭い爪の角が皮膚に突き刺さり、傷となって炎症を起してしまった状態、巻き爪が悪化したのが陥入爪となります。しかし体質によってはそれほど巻き爪の症状が見られないのに爪の側面が、指の肉に食い込み炎症を起してしまう場合があったり、巻き爪が進行した状態でも陥入爪にならない場合があります。稀に爪白癬(爪水虫)から陥入爪になる事があります。