足裏に出来る魚の目は皮膚の病変です。酷くなると痛くて歩けなくなったり、痛い場所を庇って歩く事によって、体のバランスが狂ってしまい、様々な悪い症状が出てきます。同じ足に複数個出来る事もあり、魚の目は予防が肝心ですが、出来てしまった魚の目は早めに治療する事が大切ですが、魚の目だと思っていても実はウイルス性のイボだったりするので、不安に思ったら必ず皮膚科を受診して、医師の診断を受けるようにしましょう。